2007年04月10日

初級シスアド試験の難易度

初級システムアドミニストレータ試験の
平成17・18年度の申込者、受験者、合格者のデータです。

平成17年春期(合格率28.1%)
 申込者:86,585人 受験者:60,910人 合格者:17,108人
平成17年秋期(合格率27.4%)
 申込者:89,525人 受験者:66,597人 合格者:18,257人
平成18年春期(合格率29.3%)
 申込者:75,958人 受験者:53,413人 合格者:15,636人
平成18年秋期(合格率27.4%)
 申込者:76,243人 受験者:56,546人 合格者:15,520人

毎回、ほぼ一定の合格率で約30%のようです。
最近は少し合格率が低くなっています。
 
posted by たちばなん at 01:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月09日

シスアドとは?

シスアドは正式名称をシステムアドミニストレータといいます。
情報技術を使う立場からの視点をもって
仕事をする人だと言ってよいと思います。

名前はわかりづらいので
知名度も今ひとつですが、
情報化が進んでいる中では
非常に重要な存在ではないかと思います。

どんなに立派なシステムがあっても
利用者の視点がなければ役には立ちません。

システムアドミニストレータの試験は
初級システムアドミニストレータ
上級システムアドミニストレータ
があります。
上級はレベルが高いため、
シスアドというと初級システムアドミニストレータのほうを
指すことも多いようです。

試験は「情報処理の促進に関する法律」に基づいて行われる
情報処理技術者試験の中の一つです。

この情報処理技術者試験
経済産業省が、
情報処理技術者として
一定の水準以上の「知識・技能」があることを
認定
する国家試験です。

試験は独立行政法人情報処理推進機構によって
年2回行われます。


posted by たちばなん at 00:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月08日

シスアド受験は仕事に役立つ!

2年ほど前に資格スクールを退職しました。
教えていたのは主に簿記でしたが、
講師としての仕事の他にスクールの管理運営にも
ずっと携わってきました。

そんなわけで毎年入社してくる新入社員の皆さんのうち
自分の担当している部門に配属された人と
資格試験について個別にお話をすることもよくありました。

資格スクールですから、
勉強をしにくる受講生の皆様と同じ視点で仕事をするためには
「自分の時間を使って何かを勉強しろ」
といつも言っていました。

私の教えていたのは簿記でしたが、
シスアドの試験の受験はいつも強く勧めていました。

なぜならば、試験の内容がどんな仕事をするときでも
役に立つと思ったからです。

posted by たちばなん at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。