2007年04月15日

シスアド受験対策の参考書・問題集(2)

簡単そうな参考書をざっと読んだら、
すぐに過去問を見ます。

「いきなり過去問?」と聞かれそうですが、
いくつかの資格試験を受験してみて
過去問の大切さはよくわかっています。

過去問には現実の試験の範囲や出題の傾向が
書かれているのです。

初級シスアドの試験も範囲が広いので
この方法が有効ではないでしょうか?

過去問は解くというよりも解説を中心に
読んでいくといったほうがいいかもしれません。

どうしてもわからないところが出てきたら
その部分について一番詳しく書いてある参考書を
本屋さんで探すこともあります。

初級システムアドミニストレータの試験の場合には
本試験が午前と午後に分かれていますので
初めは午前の問題について
この方法をとるのが一番です。

実際の午前の試験問題では
過去問と同じような問題が繰り返し出題されています。



ちなみに私はアイテックさんのファンです。

他にもいろいろな問題集が出版されています。
posted by たちばなん at 01:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。